2010年01月28日

東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)

 東京地検特捜部と小沢氏側との間では、この日の事情聴取までに水面下の攻防が続いていた。

 検察当局は、陸山会の土地購入を巡る問題が発覚した当初、小沢氏本人の聴取には慎重な構えを見せていた。「本人が土地取引にどのように関与していたのか、よく分からない」(検察幹部)というのが理由だった。

 これを変えたのが、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)の任意段階の供述。昨年末の事情聴取に「土地購入費用に充てた現金4億円は、小沢先生から受け取った」などと述べたことから、検察内部で「事件の解明には小沢氏からの聴取は不可欠」との流れが固まった。

 年明けの今月5日、特捜部は、通常国会が18日に始まるという政治日程に配慮し、1週間程度の間に任意の参考人聴取に応じるよう弁護士を通じて要請した。

 これに対し、小沢氏側は「捜査の展開が分からず、現段階で聴取に応じるメリットはない」などと要請に応じず、同会会計責任者だった公設第1秘書の大久保隆規被告(48)も、任意の聴取に1度応じただけでその後は拒否に転じた。

 このため検察当局は「任意捜査で解決するつもりだったが、協力がないなら、強制捜査しかない」(検察幹部)と方針を転換。特捜部は13日、関係先の一斉捜索に着手し、15日から16日にかけて石川容疑者ら3人を逮捕した。

 小沢氏は16日の党大会で、「断固として毅然(きぜん)として自らの信念を通し、闘っていく」などと対決姿勢を鮮明にしたが、先週初め頃になって姿勢が変化した。各種世論調査で内閣支持率が急落し、夏の参院選への影響を懸念する声が上がり始めたためだ。

 結局、小沢氏側は特捜部の要請を受け入れることを決め、日程調整の結果、国会審議のない土曜日の午後を選んで事情聴取に応じることになった。

<医療事故>誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛で(毎日新聞)
<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
喜多方市長選 山口信也氏が初当選(毎日新聞)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)
posted by ホシカワ ヒロハル at 03:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。